SEO

UPDATE POST

読者を第一に考えてのSEO対策

パソコン

最近流行りの読者を第一に考えてのSEO対策をご存知でしょうか?読者を第一に考えるというのはホームページやブログにとって当たり前の事ですが、一時期は二の次にされてきました。いかに検索サイトで上位に表示されるかという事に目が行ってしまっていた為です。その流れが最近は変わってきて、読者を第一に考えたSEO対策、俗に言うユーザーファーストSEO対策をしていこうという風潮になってきています。

これは検索サイト側からのアナウンスも大きく影響しています。こうした方が良いよ、こういう事をしたホームページは上位表示されやすいよという発表の中に、ユーザーファーストSEO対策の有効性が書かれていたという事がありました。その前からユーザーファーストSEO対策の有効性を発信していたホームページなどはありましたが、検索サイト側からのアナウンスという事で一気に流れが変わりました。

ユーザーファーストSEO対策と聞くと何やら難しそうだと考えるかも知れませんが、要は読者の事を考えた対策をするという事ですので、利用者側の立場に立ってどういったホームページが良いのかを考えそれを実行するだけです。それほど難しい事はありません。実際の対策には専門業者などの力も借りる事になりますのでそんなに心配するような事はありません。

読者の為になる記事はSEO対策として役立ちます

ユーザーファーストSEO対策の中には、読者の為になる記事を書くというのも含まれます。どういうことかと言えば、何の中身も無い記事を大量に投稿するより、一つのテーマを掘り下げて書いていくような記事を書くだけで検索サイト側からの評価が上がるという事です。意味の無い文字を並べただけの記事よりも、きちんとした内容の記事の方が読者の為になりますよね。

さらに、その記事を加筆していくという事もユーザーファーストSEO対策では大切です。ユーザーファーストSEO対策という事だけではなく、常に過去の記事を訂正、加筆していくのは大切ですよね。これまでは大切だよね、くらいの事でしかありませんでしたが、今後はそれがSEO対策として大きな効果を与えてくれるようになります。

それらは自分で出来ない事もありませんが、記事の数があまりにも多くなるとちょっと大変です。なので業者に依頼して任せてしまうというのも手です。どの記事に加筆したら良いのか、どの記事を訂正したら良いのかというアドバイスをしてくれる場合もありますし、業者の方で手を加えてくれる場合もあります。どちらにしても自分でやる手間が大幅に減りますので負担はかなり減る事になりおすすめです。

読者の役に立つ記事制作でSEO対策

SEO対策というとプログラム的な事を何かやらなければいけないのではと思っていませんか?もちろんそういった事はSEO対策としてとても重要です。やらなければいけない事ですし、お金を出してでも業者にやってもらうべき事です。ですがそれ以外にもSEO対策として効果的な事があります。それがユーザーファーストSEO対策です。

そのユーザーファーストSEO対策の中でも、読者の役に立つ記事制作というのはとても効果的です。元々誰かの役に立つような記事を書く、それを公開するというのがホームページの役割ですから、原点回帰したわけですね。読者の役に立つような記事かどうかを判断するのはプログラムですのでそこには攻略法のようなものもありますが、そういった事を考えずに読者の役に立つ記事制作という事だけを意識しておくだけでも大きな効果を得る事が出来ます。

ユーザーファーストSEO対策はプログラムがどうのとかいった事ではなく、いかに読者の役に立つか、使いやすいかという事が大切ですので、SEO対策の専門業者と協力しながらより良いページを作るように努力してください。一般のSEO対策同様効果はすぐには出ませんが、ユーザーファーストSEO対策はコメントやメールなどですぐに反応がある事もあります。


【グランネット】は内部施策もしっかりやってくれるSEO対策会社です!高品質なサイトへ導いてくれるから安心して任せられます!

TREND

Top